FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老眼治療をコンタクトレンズでする注意点

老眼治療にコンタクトレンズについて見ていきます。
老眼になると、まずはどうしようかと考えますよね。
今は老眼治療も発達してきていて、手術をすると回復するという結果まででてきています。

しかし、手術をして角膜を削ったりすることに抵抗があるという人はまだまだいると思います。

そんな人がまず考える老眼対処法は老眼鏡だと思います。
しかし、メガネをかけることに抵抗がある人ももちろんいます。
そんな方が選んでいるのが、外見を変えずに視力矯正ができるコンタクトレンズの使用だと思います。
加齢が原因で老眼になった場合に、今までコンタクトレンズを使用していなかった人がコンタクトレンズを使うと言ったことはあまり見受けられませんが、眼を酷使したことが原因で老眼になった人で比較的若い世代の人はコンタクトレンズを使用する人が多いようです。

昔は、コンタクトレンズも種類があまりありませんでしたが、今では老眼用にも対応できるものとして遠近両用レンズを使用できるようになるまでに至っています。

元から近視のコンタクトレンズをしている人の場合でも、老眼になってしまうとまた違う調節をして老眼用(遠近両用)にしなければならないので、そのまま使い続けないようにしてください。

コンタクトレンズと言うのは視力を矯正するのではいいと思うのですが、デメリットももちろんあります。
お手入れが必要だと言うこと、メガネよりは頻度をあげて調節にいかなければならないことなどがありますので、メリット・デメリットをよく考慮して選ぶようにしましょう。


老眼関連情報

老眼はコンタクトで矯正できます

老眼はコンタクトで矯正できます 遠近両用コンタクトレンズの登場によって、老眼の矯正方法としてコンタクトレンズも使用可能となりました。→【DATA】にきびと視力のお悩み相談(virgo-pyxis.com)(続きを読む)



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。